スタッフ紹介

STAFF
and
INTERVIEW

スタッフ紹介

スタッフ紹介

開発統括部 GM第一開発部 映像課
課長

T.D

ココロに残っているゲーム

Beatmania

今となっては映像製作に興味を持つきっかけの一つとなった作品だと思います。
[ゲーム][音楽][映像]と大好物をミックスしたコンテンツ内容が個人的にヒットしました。 
映像の内容も2D、3D問わず様々なジャンルが揃っているので映像のイメージに困った際の引き出しとして活躍してくれる事もありますよ。

映像課
QUESTION 1どんな仕事をしていますか?
チームのマネジメント業務を行いながらゲーム、遊技機、アニメなど3DCG全般に関する映像制作のディレクションを行っています。
自身のスキルが活かせる場面では実際に手を動かす事も多く、いちデザイナーとして制作を担う事もあります。
QUESTION 2どんな会社ですか?
職場の雰囲気はどうですか?
周囲に目を向けてみると、素直でやさしく、後輩や仲間思いな人が多いですね。
こうして見ると物静かだったり賑やかだったりいろんな人が集まっていますが制作に対してはまっすぐにしっかり意見を交換し、良い意味で上下関係も緩やかだと思います。
お互いを認め合い、尊重しあう文化がある事に強さがあるチームだと感じます。
QUESTION 3サファリゲームズで働きたいと思った決め手は?
就職面接を受けていた当時はまだスタッフも少なかったのですが社長やスタッフと接した際に、どこまでも挑戦的な社風とパワーを感じる事できたからです。
この会社の成長と共に自分自身も一緒に成長したいと決心したのが決め手でした。
映像課
QUESTION 4仕事をしていて印象に
残っている事はなんですか?
そう滅多にある事ではないのですが、深夜作業が連日続いた時です。
過酷な状況ではありましたが、ひたすら制作に集中してるうちに気分が高揚してきてランナーズハイならぬクリエイターズハイを体験しました。
余談ですがエンドルフィンの作用には若返りの力があると言われているそうです。
クリエイティブな業界では実年齢より若く見える人が多いのはこの影響ではないかと思っています。
QUESTION 5将来の目標を教えてください。
大きくはさらに次元の高いステージで映像を作れるチームへと昇華させる事です。
この目標の達成には技術向上は勿論ですが、チームメンバーそれぞれのやりたい事や制作を通して感じる喜び、目標など、個々の思いを大切しながら進む事が必要でありそれを日々丁寧に積み重ね、実現していく事を目標としています。
QUESTION 6クリエイターを目指す方にひと言。
何にでも挑戦してみてください。
いろいろなを経験を重ねる事で見聞が広がり、知って理解する事でそれまでイメージできなかったことが出来るようになり、また新たな発想ができるようになります。
この新たな発想を追及していくとやがて個性となり、クリエイティブにおいてはそれがあなたの武器になります。
勿論業界に入ってからでも遅くはありませんが、学生の皆さんたちには特にいろんな経験をする機会が多いと思うので、いろいろ貪欲に挑戦してみてください。
映像課

JOIN US!

目標に向かって共に歩める、可能性溢れる力を持った多くの方のご応募をお待ちしております。